カテゴリ:香港滞在記( 130 )
我返黎o拉!!!
2004年12月22日、
7ヶ月と少しの香港滞在を終えて、
日本に帰国しました。

帰国して、丸3日。
ついこないだまで、
香港で生活していたのが嘘のような
日本での生活。
洗濯機で洗濯できること、
家でご飯を作れること、
sanyatや家族が身近にいること、
香港に行くまでは、
極当たり前だったことを
今は幸せに感じる自分が、少し不思議。

何かと不自由なことも多かった香港生活、
なかなか上達しない広東語にイライラした香港生活、
あんなに大好きだった香港を、少し嫌いになった時期もあった香港生活…
でも、今思い返すと
不思議と楽しい思い出ばかり。
実際、広東語が上達したかどうかは、
かなり怪しいけど、
それでも、自分なりに精一杯頑張ったと思えるから満足。
何より、広東語を学ぶことだけじゃなくって、
もっと色んなことを学んだ7ヶ月だったと思う。
この経験は、きっと今後の人生にプラスになるはず。

夢を持つことは大切で、
それを実現させる為に努力することや
その為に一歩踏み出す勇気を持つことはもっと大切で、
それは、全て自分の力次第だと思ってるところがあったけど、
でも、それだけじゃなかった。
大好きな香港での生活も、
私一人だったら、
こんなに素敵なものにはならなかったはず。
嬉しい時に、一緒に喜んでくれる人がいて、
悲しい時に、一緒に悲しんでくれる人がいて、
つらい時に、一緒に悩んでくれる人がいて、
どんな時でも一人じゃなかったことが、
私を支えてくれました。
また、家族の理解、協力も、忘れることができません。
私の香港生活7ヶ月は、
自分の力だけでは、
あり得なかった、成り立たなかったと、
しみじみ思う。

帰国する前、
「香港永遠都歓迎你」
「唔捨得你」
「一定唔會唔記得你」
「希望我地一直好朋友」…
友達が言ってくれた数々のメッセージや
友達が流してくれた涙は、
私にとって、
生涯の宝物です。
私が香港を去ることを惜しんでくれる友達がいて、
また、日本に戻ってくることを楽しみに待っていてくれる
家族や友達がいることを、
幸せに思います。
私の香港滞在7ヶ月に関わってくれたすべての人に
心より感謝します。

また、今日まで、このプログを通して、
私と香港生活を共有して下さった皆さんにも
心よりお礼申し上げます。
今後は、「zhiziの香港迷日記」として
引き続き、プログを継続予定ですので
今後とも、よろしくお願いします。
[PR]
by hongkongmai | 2004-12-26 01:39 | 香港滞在記
「一定唔會唔記得你!」
いよいよ、ラスト3日。
船便送って安心してたけど、
家にも、まだ結構荷物が残ってるみたい…
うむむ…
詰めてみないと、わからんもんやなぁ。
でも、まだ
今日、明日、明後日と
着たり、使ったり、
なかなか、さくっと片付けられないのが
じれったい。
っちゅうか、直前にならないと
やる気がおきんだけか?
最後の最後、
もし、入らなかったら
また、船便ですかい?
いやいや、それだけは勘弁。

昨日は、
友達の都合がつかず、
無事(?)BBQはなくなり、
夜、電視城に「勁歌金曲」の撮影を
見に行くことに。
最後の最後、
ほんとにパトに会える!
そして、やっぱり緊張。
昨日は、特別番組になってたらしく、
華仔を筆頭にかなりの豪華メンバーでした。
確かに、華仔を見たら
うぉ~と思うけど、
ときめかないのよなぁ。
ファン心理とは不思議なものだ。
番組終了後、
出待ちをして、
無事、プレゼントも渡せた。
最後にパトが、
「一定唔會唔記得你!」
と、言ってくれた。
その時は、あまりの緊張に
この言葉の意味を考える余裕もなかったけど、
帰る道々考えてみたら、
すごい、すごいよなぁ!!
でも、最後にと思ってもらったサインに書いてくれた私の名前、
よくよく見ると、間違ってる気がする…
漢字じゃなくって、アルファベットね。

しかし、帰国前日にも
イベントがある事が発覚。
強運すぎる自分が怖い。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-20 12:52 | 香港滞在記
ここまで来ても、やっぱりパト…
友達から電話があって、
明日の夜、パトのイベントがあるかもしれない、らしい。
期待しすぎるのはよくないと、
ここ半年の経験で
よくよく解ってはいるものの、
やっぱり嬉しい。
友達に託そうと思ってた手紙も
自分で渡せるかもしれない。
と、なると
クリスマスプレゼント!
会えないなら、
日本に帰ってからと思っていたけど、
会えるかもしれないなら
話しが違う。
一気に焦る…
散々、迷った挙句、
A|Xで、グレーのマフラーを買った。
気に入ってくれるといいなぁ。

しかし、明日は日中、
ファン仲間が送別会を兼ねてBBQをしてくれるらしい。
最後の最後に、
煙たい姿で
パトに会うことになるのか?
初めて会った時は
緊張のあまり汗だくで
顔がテカリまくってたし、
最後は最後で、
BBQ帰りになるのかと思うと
なんだかなぁ。

とにかく、
もし、明日会えたら
ほんとにほんとに
私は強運の持ち主だ。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-18 19:14 | 香港滞在記
船便
そろそろ帰国も来週に迫って
やっと重い腰をあげて
帰国の準備を始めた。
手始めに、
船便で送る荷物を選別。
帰国後も広東語を続けようと思って
学校で買ったテキストが
かなりの重さ。
これを中心に荷物をまとめることにした。
半年も住んだら
荷物もかなり増えたと思いきや、
部屋が狭いこともあって
それほどでもない気がする。
でも、テキスト、VCD、夏物の洋服を
整理してたら、
紙袋が3つになった。
とりあえず、郵便局まで
自力で運ぶとなるとこれが限界か?
今朝、
道すがら、何回も休憩しながら
郵便局に行って
10kg用のダンボールに、
荷物を詰めた。
サイズ的には、
ちょうどよかったと言うのか、
最後は、かなり無理した気もするけど、
気にしない。
なんとか、蓋は閉まった。
でも、後は料金!
恐る恐る、窓口へ。
16kg、344HK$。
ま、まじっすか~。
想像以上に重いし、高い。
でも、船便で
この値段。
飛行機で持って帰るなんて
想像したら
卒倒しそうだ。
いや、これでよかったと言い聞かせて、
カード払い。
郵便局でもカードが使えてよかった。
現金、そんなに持ち合わせてなかったよ~。

とりあえず、無事
日本に荷物が到着することを祈ろう。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-17 12:29 | 香港滞在記
糖朝へ
香港の観光ガイドブックには
必ずと言っていいほど
載ってる「糖朝」に
久しぶりに行った。
今回の滞在で、2回目か?
あちこちに日本人らしい観光客の姿を発見して、
廣東道に「糖朝」在り!
を、再確認。

当の私も、
生まれも育ちも
れっきとした日本人。
でも、昨日は
アメリカ人クラスメイトの送別会。
と言う訳で、
アメリカ人やら香港人やら日本人やら
多国籍での「糖朝」と
なったのです。
日本人同士でしゃべる時は
もちろん日本語だけど、
廻りから見ると
私達は、どんな風に見えたのだろう?

今までの旅行では味わったことのない
「糖朝」体験だった。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-14 14:16 | 香港滞在記
ERIC KWOK
彼のことを知ったのは、
日本にいる時に読んだ
服部貴子さんの「我愛香港」。
でも、彼の存在を知った時、
すでに彼は自ら歌うことを止めていて、
楽曲を提供する作曲家に
なっていた。
香港に来る度、
彼が歌手として活動していた時の
CDを探したけど、
何かにつけて
流れの早い香港。
ほんの数年前のCDを探すのも
なかなか難しかった。
その彼が、
自ら歌手として活動を再開してると知ったのは
私が香港に来て間もない頃、
ラジオを聴いている時だった。
あれから半年、
彼のオリジナルCDが
私が帰国する直前、
この時期に
やっと発売された。

彼自身の曲がいいのはもちろんのこと、
このCD、
なんと彼が提供した楽曲のDEMOが
26曲もついていると言う
優れもの。
かなり、お得感いっぱいの二枚組。

その中の一曲が、
彼がパトに提供した楽曲「豬骨湯麵」。
彼がこの時の心境を
こんな風に綴ってくれてる。

21. 1000 stars
Artist:鄧健泓 Song name:豬骨湯麵
Demo:2001 Sold:2002

This was kinda like a sequel to 青蛙王子,
I only remembered having a hard time thinking
who can sing this other than Andy Hui,
and then Patrick called one day asking for songs.
Well,couldn't be a better choice.

歌手冥利に尽きるコメント。
私まで、うれしくなった。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-13 16:48 | 香港滞在記
黄金海岸で似顔絵
帰国するまでに
黄金海岸に
もう一度行きたいと思ってたけど、
mongkokから
一人で小巴に乗る勇気がなくて
半ば諦めてた。
香港に住んで半年と少し。
いまだ、
「有落!」
と言う勇気がないのよなぁ。
ほんまに根性なしや。

そしたら昨日、
思いもかけず
その機会があった。
なんと、友達が紹介してくれた
香港人の友達が一緒に行ってくれると言う。
きゃきゃきゃ、超嬉しい。
でも、目的を聞いたら
みんな、きっと呆れるだろうなぁ。はぁ。

実はですねぇ、
香港に来て
パトと一緒に撮った写真で
一番気に入ってる
黄金海岸で撮った写真を、
絵にしてもらおうと言う魂胆。
黄金海岸の商場には、
日本の夜店の様な感じで
色んな小さなお店が
テントを張って、店を出してて、
その中の数軒に
似顔絵屋さんがあるのです。

その絵をどないするねん!と聞かれたら
返答に困るけど、
とにかく、
香港生活の思い出って事で。
75HK$と、
決して安くはないけど、
無事、仕上がりました。
でも、私の写真、
あまりはっきりしていなかったらしく(店主談)、
途中、どんな感じか見に行ったら
店主が以前に書いた
パトと彼女の絵の、
パトを参考にしつつ、書いてる…
かなり、ショックやったけど、
致し方なし。
うむむ…

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-12 14:15 | 香港滞在記
大栄華酒楼
一年ぶりに
元朗にある大栄華酒楼に行った。
私を連れてってくれた
香港人の友達は
夜ご飯には初めて来たみたいで
「好正!」
を連発してて、
その表現があまりにストレートで
それを見てる私まで
ほんとに幸せな気持ちになった。
一品の量も多いし、
値段も安いし、
味もいいし、
このバランスは
香港ならでは。
とか言いながら、
ご馳走になってしまったんだけど…

しかし、帰りに見かけた老板は、
以前にも増して
かなりカップクがよくなってて、
これ、マジやばいんちゃうの?
って、客の目から見ても思った。
毎日、
あんなに美味しい料理を
気の向くまま、
思う存分食べてたら
あんな風になっちゃうのね~。
いやいや、それも考えものだ。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-11 14:07 | 香港滞在記
クラスメイト宅で日本食
昨日は、
日本人クラスメイトのお宅にお邪魔して、
手巻寿司+たこ焼きパーティ。
太古城のジャスコに買出しに行った後、
準備して、
そして、食べる。
元々、母国語の違う友達と
広東語でしゃべって
でも、こんなに楽しいと思える
この感覚、
広東語を勉強する前には
全く想像できなかった。
香港人のたくさんの友達の中に
私が一人だと
やっぱり広東語をしゃべることを躊躇するし、
恥ずかしいけど、
クラスメイトだったら
そんなことも全く気にならないから
広東語をしゃべることを
ほんとに楽しむことができる。

この学期になって
前学期以上に、
クラスメイトと遊ぶ機会が増えた。
広東語を中文大学で勉強することは
自分で選択できたけど、
クラスメイトは
自分じゃ選べない。
クラスメイトにも
ほんとに恵まれてたなぁと思う。

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-10 13:59 | 香港滞在記
買ってしまった
8月頃から
ずっと迷ってた「愛情白皮書(あすなろ白書)」を
ついに買ってしまった。
普通話に中文字幕と言う
広東語を勉強してるだけの私には
かなりきっついVCDだけど
でも、なんかいいのよなぁ。
この場に及んで
部屋でVCDを見まくる私。
なんだかなぁ…

「アルキカタ・ブログ・コンテスト 2004」参加中!
投票はこちら↓

応援コメントはこちら↓

[PR]
by hongkongmai | 2004-12-09 14:35 | 香港滞在記