カテゴリ:香港音楽( 10 )
Only you
平日の22時半、
ほんと、久しぶりにsanyatと二人揃って、
手作りの料理を食べました。
私は、食事中にTVをつけるのは好きじゃないんだけど、
sanyatの習慣なので、
なんとなく、TVがついてます。
それも、この時間なら
決まって、ニュースステーション。
その流れで、食事後も
ぼーっとTVをつけてたら、
テンション上がる↑↑音楽がTVから。
番組は、「世界の車窓から」。
なんと、BGMが、
「天使の涙」のラストシーンで流れる
flying picketsの『only you』。
あの特徴的なメロディは、
迷ってる人なら、
必ずや聴き覚えあるはず。
疲れて帰ってきても、
こういう偶然があると、
なんだかシアワセな気持ちになれる私って
やっぱり単純だなぁと思うけど、
そういう気持ちを大切にしたい
今日この頃です。

Flying Pickets - Only You
天使の涙 Trailer
天使の涙 Ending

どれもこれもが、懐かしい。
今宵、あの時代に暫しタイムスリップ。
[PR]
by hongkongmai | 2012-04-03 00:16 | 香港音楽
拖男帶女@方大同
多謝大家支持→

方大同の2ndアルバム「愛愛愛」の中の曲、
「拖男帶女」って、ラジオ番組の主題歌???
と言うのも、以前にぱとが出演したRTHKの番組
そういう名前があった様な気が…

方大同と言えば、安仔の「大愛」を作曲した人。
そして7月、
ぱとを追っかけて行った荷里活廣場のイベントに、
確か出演してたはず。
でも、どんな曲を歌ってたか思い出せない。
ぱとを待つ緊張が勝っていたか。

気になって調べてみると、
な、何やら新鮮。
曲の雰囲気が、台湾っぽい?
と思ったら、
今回のこの2ndアルバムは全編北京語らしい。
そのせい?
いや、それだけではないような。
「大愛」をイメージして聴くと、全く違う驚き。
王道の香港POPSとは、路線を画してます。
---> 愛愛愛@Yahoo!音楽
---> 大同的音樂世界

a0017767_23265411.jpg愛愛愛
方大同
yesasia.com






色々調べてると、このアルバムを買った人が一緒に買っている
曹格って人のアルバムも気になり始めた。
長くなりそうなので、今晩はこの辺で。
[PR]
by hongkongmai | 2007-01-10 23:58 | 香港音楽
最近、気になる人
多謝大家支持→

って、パト一筋の私。
ちょっとやそっとのことでは、心変わりは致しません。断言。

最近、私が気になる人ってか、お気に入りな人は女性なのです。
王菀之さん。
どんな経歴を持つ人なんだか、全く知らないのですが、
(つーか、こんなところにUPする前に調べろって話です。苦笑)
以前購入した「自作自樂」と言う
作曲家が、自分が提供した歌を歌い返すって趣旨のアルバムで
声を聴いて、とても気になってた人。

最近、新しいアルバムが出ました。
このポップな歌声に、通勤時間癒されてます。

Yahoo!音楽で試聴ができます。
環球唱片のサイトにも、紹介文あり。
[PR]
by hongkongmai | 2006-12-11 23:04 | 香港音楽
元カノCDデビュー
多謝大家支持→

パトは北京に行ったっきり、何の消息も無し。
まぁ、ドラマの撮影で忙しくしてるんでしょう。
7月に会った時に、来月と聞いたアルバム発売、
結局、年内はかなり厳しそう。
そんな事を感じつつ、一抹の望みをつないで
ネットで情報探してたら、
パトの元カノが、CDデビューしたらしい事を知る。
作曲までしてるらしいよ。
a0017767_20503532.jpg










パトの彼女じゃなくなったから、もう関係ないと思いつつ。
けど、やっぱり心のどっかで気になってるらしい。
不思議なもんです。
[PR]
by hongkongmai | 2006-12-09 21:15 | 香港音楽
安仔@フェスティバルホール
多謝大家支持→

a0017767_23164778.jpg













横浜、東京を経て、安仔がついに大阪に。
会社帰り、徒歩数分の距離で、
安仔の生歌が聴けるなんて、ありえへん(>_<)素敵すぎ。
二階席が予想以上に遠くて、
のんびりかまえてたら、
結局、開始ギリギリにすべり込むことになった私。
案の定、香港のコンサートとは違って、きっちり定刻にスタート。
危なかった。

とは言うものの、まずは、ワールドポップスオーケストラの皆さんの演奏。
プログラムによると、安仔は二部に登場するらしい。
一階は、かなり埋まってたらしい座席も、
二階席になると、空席の方が断然多い。
そのせいか、私の後ろに座ってたおばさまの私語の多いこと。
お目当てはオーケストラじゃない私だって、それ位のマナーはありましてよ。
あれは、イカン。しゃべりすぎ。そして、声でか過ぎ。
それを除けば、
エリック・ガンゼルさんの日本語の挨拶も飛び出して、
かなり会場は和やかでいいムード。
正直、この手のコンサートは初めてだったので、
自分自身が退屈しないか心配だったけど、
気付いてみれば、あっと言う間の一時間弱。

その後、休憩をはさんで、
二部の始まりは、蔵島由貴さんのピアノwithオーケストラ。
時折、友達のオペラグラスを借りて、
手元を観てたんだけど、す、すごい。
遠い昔、ピアノを習ってた記憶がにわかによみがえったけど、
同じ人間の手が繰り出す技とは思えない。
圧巻!!!かっちょえ〜。

で、いよいよラストに安仔登場。
今日の出で立ちは、初日の横浜と同じ?
黒いスーツに、赤がポイントのインナー。
紅館でやるコンサートとは、やはり勝手が違ったようで
かなりシックな出で立ち。
安心したような、ちょっと残念だったような、複雑な気持ちの私。
曲目は結局、横浜、東京と同様の5曲。
ただ、さすがに3日目、
横浜では、ガチガチだと聞いてた安仔も
ガンゼルさんと、掛け合い?をしたりして、
かなりのリラックスムード。
途中、赤のインナーをみんなに見せたら?と言うフリが、
ガンゼルさんからあったようで、
ジャケットのボタンを外して、私たちに見せてくれる一幕も。
後から聞いた話だど、
「おおきに。」を随所で言ってたらしいけど、
二階席の私には、はっきり聞こえず。残念。

そういや、途中、「好靚仔〜」とかけ声かける人あり。
安仔ボードを振る人あり。
最後には、蛍光棒まで見えました。
オーケストラとの共演だっただけに、正直、ちょっとびっくり。う〜む。

最終日だし、オーケストラとの共演は無理でも、
安仔のアカペラで、アンコールあったら素敵だなぁと思ってたけど
結局は、それもなし。
5曲と、曲数は少なかったものの、
最後に大好きな「爛泥」が生で聴けて大満足。
コンサート終了後は、
ファンクラブの皆さんにまじって、オフ会に参加。
楽しい一時を過ごさせて頂きました。

家に帰ったら、早速、
思い出の「許志安 30.04.2002」を聴いて、
会社帰りと思えない充実した今宵の余韻に浸りました。

安仔、好希望好快會返黎大阪開你一個人既演唱會!
我地等你呀〜。
[PR]
by hongkongmai | 2006-09-22 23:11 | 香港音楽
安仔歡迎黎日本!!!
多謝大家支持→

a0017767_2159952.jpg















私が大阪で、安仔に対面するまで、後三日!!!
(って、二階の客席からですけどね)
東方日報によると、
初日のみなとみらいホールでは、
「爛泥」「大愛」「唯獨你是不可取替」 など5曲を唱ったらしい。
「爛泥」 好きです!これ、嬉しい!!!
「大愛」は、新しいアルバムに入ってる曲。
「唯獨你是不可取替」 は、an-anさんに教えてもらった「世界中の誰よりきっと」ですね。
と、なると後2曲は、何???
聴きたかった「爛泥」は、唱ってくれるらしいので、
後は、「一家一減你」「一歩一生」辺りを個人的には希望。

と思ってたら、明報の記事には、
「今個月是張國榮50歲忌辰,我挑選了他的「最愛」來唱」
との安仔のコメントが…
おおお、そうなのかぁ。
安仔のオリジナル曲じゃなくって、レスリーの曲を唱うのね。
そうなると、5曲だけじゃあ、なんだが物足りない気が…
まぁ、欲をいいだすとキリがないっすけどね。

いずれにせよ、金曜日が楽しみ。
[PR]
by hongkongmai | 2006-09-19 22:13 | 香港音楽
聽側田唱
多謝大家支持→

a0017767_2332641.jpg


















コンサート繋がりで、今日の話題。
今、屈臣氏蒸餾水を買ったら、
側田のコンサートチケットをゲットできるチャンスが!!!
あるらしい。
人気ですなぁ、側田さん。

で、今回のキャンペーンのTVCMがこちら
♂「Justin、Justin」
♀「Justin、Justin」
♂「Justin、Justin」
♀「Justin、Justin」
♂「屈臣氏呀、屈臣氏」

♂「飲啦〜」

音声だけを聞いてたsanyatが横から一言。
「何なん、コレ?」

ごもっとも。
このテンション、全く持ってついていけないっす。
[PR]
by hongkongmai | 2006-08-19 23:17 | 香港音楽
買定飛呀!
多謝大家支持→

a0017767_22281188.jpg













聴きたい、高い、聴きたい、高い…
と葛藤していたところへ、
友達から一緒に行きたいとのメール。
このメールに背中を押され、買っちゃいましたよ。
何を?って、
昨日紹介した安仔の来日コンサート@大阪のチケットです。
しかし、一万円の席を購入するには至らず、
六千円の席で決着。
今更ながらに、紅館の100$席の有難さが身にしみました。
(>an-anさん 孤寒なのは私です^^;)

でも、行けるとなった途端、俄然楽しみに。
安仔、歡迎黎大阪!!!
[PR]
by hongkongmai | 2006-08-18 22:27 | 香港音楽
安仔来日!!!
多謝大家支持→

a0017767_22163460.jpg



















すごいニュースが飛び込んできました〜。
な、なんと許志安こと、安仔の来日コンサートが決定した模様。
と言っても、ワールドポップスオーケストラのコンサートに
ゲスト出演という形らしいです。
くぅ〜、残念。ソロじゃないのか〜。
で、でも、日本で、
いや大阪で、安仔の生歌ですよ。
パトと兄弟の契りを結んだ、安仔が来阪ですよ。
これは、見逃せません。
しかし、チケットの値段が高いのも事実。
どうするべきなんだ〜。
ううう、悩む〜〜〜。

詳細は、ポスターでどうぞ。
8/25には、日本で記者発表もあるようです。

また、何か情報が入れば、随時UPしていきたいと思います。
[PR]
by hongkongmai | 2006-08-17 22:27 | 香港音楽
搞三搞四@壞碑唇
多謝大家支持→

a0017767_2353544.jpg











香港の俗語で「搞三搞四」と言えば、
かなり激しい意味も含む(そうですよね?)ので、
びっくりされた方ごめんなさいm(_ _)m
でも、ご安心を!!!
私が紹介する「搞三搞四」は、CDのタイトルです。
7月の渡港で、
壞碑唇について、何の予備知識もなく、
ふらっと立ち寄ったCD屋さんで
この意味深なタイトルに惹かれて衝動買い。
実は、前回の渡港、
買い物についてはかなりセーブしてたので
DVD、VCDの類は一切買わず、
唯一買ったCDがこれ。

さて、大阪に戻って、
どんなもんかと聴いてみると、
あのタイトルとは似ても似つかない
かなりスタイリッシュな音楽にやられました。

私が云々書くより、聴いてもらった方が早いと思うので
3721productions」へGO!ですわよ。
ここでは「Demo版」が聴けます。

しかし、壞碑唇って一体どんなグループなんざんしょ???
[PR]
by hongkongmai | 2006-08-13 23:29 | 香港音楽