読みながら学ぶ広東語「風水師」
a0017767_9133626.jpg







そろそろ、広東語の勉強を再開せんと忘れる一方…
と重い腰をあげて、
5月末に、CLC@中文大学で買ったテキストを開いてみる。
このテキスト、学校で使われてるものじゃなくて、
広東語組の李兆麒組長が出版されたもの。
学校で使われてたテキストも、山ほど買ったけど
内容がどうにもカタイ。
でも、このテキストは読み物感覚で読みすすめていける感じ。

組長曰く、
前回出版した「めぐりあい そしてさよなら」は、黐線(!)な内容だったけど、
今回のこのテキストは、そんなことないから〜。

さて、この言葉が真実かどうかは、読んだ後に私が判断しましょ。
ってな訳で、
今日から、一課毎に新出単語を確認した後、CDを聞いてみる
予定です。
ここまで書きながら、予定ってところが我ながら情けない…
まぁ、そんな感じですが、継続は力なり。
やってみます。

で、このテキストですが、
CLC@中文大学をはじめ、香港の有名書店で購入できるそうです。
出版は、前回と同じ青木出版印刷公司。
レベルは、中高級向けとのこと。
広東語教材は、なかなかいいものがないので、
興味のある方は、是非買ってみてください。

李組長のページ、下部にある、Comprehension Exercise。
実際、私が学校で使ってたものと同じでした。
Comprehension Exercise of Cantonese Book 1
Comprehension Exercise of Cantonese Book 2
大家聽唔聽得明?
個人的には、Book2 Lesson16の故事が好き。
Book2 lesson18で、CLCの第四班終了と大体同じレベルです。

請你幫我click、唔該!

多謝大家支持!
[PR]
by hongkongmai | 2005-07-11 09:34 | 香港本
<< Ngoh ge houpahn... 揚げ塩いかあられ >>